風俗の品格とは…?

紳士なんて無理ですしね

風俗では自分の本能をむき出しにして楽しむようにしているんです。それが一番なんじゃないですかね。紳士に振舞うのもそれはそれで格好良いのかもしれないんですけど、少なくとも自分にはそこまでの精神的な余裕はないので、楽しみたいって思ったらとにかく自分の好きなように、気持ちの赴くままに楽しむようにしているんですよね。それに、風俗って裸になるじゃないですか。隠すものは何もないんです。そこで格好つけても仕方ないんじゃないですかね(笑)むしろそっちの方が滑稽だと思うんですよ。格好つけず、そういったことが自然に出来る人ならいいんですけど、本当は本能をむき出しにして、今すぐにでも女の子に襲い掛かりたいくらいだって思っているのに、紳士ぶるのは、その方が笑っちゃいますよね(笑)自分にはそれはただのカッコつけでしかないって分かっているので、気持ちを抑えることなく、本能を剥き出しにして女の子と楽しむ。それが風俗だと思っています。

挑戦する心。これが風俗に求められる

いつもと同じ風俗。それも悪くはないと思いますけど、自分はもっともっとチャレンジしたいんですよね。他のことでは好奇心なんて全然ないんですけど、風俗だけは好奇心旺盛なんです。いろんなことにチャレンジして、毎回のように楽しみたい。他では楽しめない何かを自分の心に刻みたい。そんな気持ちがあるんですよね。だからなるべく毎回違う子はもちろんですけど、違うジャンルで楽しむようにしているんです。その方が何気に楽しいんですよね。新鮮というか、快感だけを求めるなら毎回同じ風俗嬢の方が良いとは思うんです。回数とともに、二人の息も合ってくると思うんですよ。それによって、より深い快感を手に入れることが出来るとも思うんです。でも風俗って快感だけじゃないんですよね。それに快感だって新鮮さによって上乗せされる部分もあるじゃないですか。だからこそ、風俗は毎回新鮮さを求めて、自分なりに楽しむのが良いのかなって思って楽しんでいます。