風俗の品格とは…?

ピンサロに居た根暗女子大生

ピンサロでのことです。相手をしてくれたRちゃんは驚きの現役女子大生でした。そうとは知らずに適当に可愛いなってことで指名したので本当に驚きましたけど、彼女は大学には友達もいないし、サークルにも入っていないと。風俗で働いている方がお金になるし、それに風俗以外だと自給も低いと。でも歩合制だといくら稼げるのか分からないのでピンサロにしているって話をしてくれました。さすがに今時の若い女の子なだけあって合理的だなって思いましたね。全体的に根暗な雰囲気が漂っていたんですけど、むしろそれが好みで楽しめました(笑)就職活動もしないといけないけど、別に何かやりたいことがある訳じゃないとか、かなりリアルな気持ちを話してくれたんですよね。風俗でこういった話をすることになるとは思っていなかったので、快感よりもそちらの方が鮮明に覚えています。今時の女の子のリアルな心情面に触れることが出来たので、ある意味とっても強烈なインパクトがありました。

自分の中では「別格」です

別格という言葉がこれほどまでに似合う風俗はソープくらいなものなんじゃないですかね。ソープは本当に特別な風俗だなって思っています。ソープに行った時の満足感はやっぱり高いですしね。何でかって、きっと快感の絶頂へのアクセスにあるんじゃないかなと(笑)他の風俗の場合、絶頂は女の子がもたらしてくれるものじゃないですか。だから自分で動くのではなく、あくまでも女の子の力量次第。そのおかげで、微妙にポイントがずれているのでイクにイケないってパターンもありますけど、ソープの場合は女の子に任せるのではなくて、自分が動いて主導権を握れるじゃないですか。それに、動くのが面倒なら女の子側が頑張ってくれますしね。こうして考えると、ソープで得られる絶頂こそ、本当の意味での絶頂なんじゃないかなって思うので、他の風俗と違うなって感じるのは、ある意味では当たり前なのかもしれません。だからこそ、「別格」と呼ぶに相応しいジャンルなんじゃないかなって。